格安SIMを購入するときに注意したいSIMの大きさ(サイズ)

格安SIMは最近の国のSIMフリー化への方針転換もあり人気があります。
申し込み方法も店頭やインターネットなどを利用して簡単にできるため実際にSIMカードのサイズを確認せずに申し込みをしてしまう可能性があります。
しかし現在発売されている格安SIMには3つのサイズがあります。
まず、小さなものから順番にナノSIM、マイクロSIM、標準SIMです。
昔は標準サイズのSIMカードが一般的でしたが新しい携帯端末になるほどより小さなものに対応した形となっています。
ここでの注意点は、ナノSIM対応の携帯端末には標準SIMなどのような大きなものは入りませんし、そのままではもちろん利用もできません。
裏技的な利用方法としてはSIMカードには基盤が入っていない余白部分があるため、SIMカッターを利用して小さく切る方法もありますが、仮に基盤部分を傷つけると利用できなくなる可能性があります。
その一方で、ナノSIMを購入してからアダプターを用いて標準SIMとして利用することはできます。
しかし、接触不良などが起こる場合も少なからずあるため、利用している携帯端末にあったものを購入することが1番確実です。
SIMの大きさを変えることは応急的な処置として考える方が無難です。
もちろん格安SIMを購入してからも場合によっては有料ですが、契約先に連絡することで変更も可能です。